トップページ事業案内 > 種菌育成のこだわり

種菌育成のこだわり

種菌原料や品種・製造など、種菌育成のこだわりについて

私たちのこだわり

私たちは、菌類学分野において実績のある日本きのこセンターの全面的指導を受けながら、椎茸等きのこの原木栽培用種菌の育成を行っています。

日々、品質の向上や管理体制充実に力を注いでおり、原種菌の培養から、品質検査、貯蔵に至るまで万全の体制の下、種菌育成に取り組んでいます。

自然本来の原木栽培を目指して

椎茸(食用きのこ)栽培は、原木栽培と菌床栽培とに大別されます。

菌床栽培は木材のチップやコーンコブなどに栄養剤を加えた培地で発生させる施設栽培になります。 発生は早期で、一年間安定的な収穫が可能です。

一方原木栽培は、きのこの種菌をクヌギ・コナラなどの原木に植え付け、収穫する自然に近い栽培方法です。基本的に手作業が中心な事に加え、自然に対応した生産技術が必要な”手間暇かけた栽培法”であると位置づけられます。 それでも、椎茸や各種きのこの中で原木栽培にこだわり続けるのは理由があります。

原木栽培にこだわる理由

kodawari05.jpg

kodawari02.jpg

4か月から5か月程で収穫が見込める菌床栽培に対し、原木栽培は植菌から約2年間もの時間が掛かりますが、じっくり手間を掛けて育てた分だけ旨みや香が凝縮されています。

 

kodawari03.jpg

菌床栽培とは異なり、原木栽培では広葉樹の原木だけを使って、より自然に近い形で栽培する為、安全性やお客様の安心感が格段に違います。

 

kodawari04.jpg

原木栽培は里山での生活と日本の森林を守り育ててきました。
森を守り育てることは農林業の生活を豊かにするだけでなく、漁業にとっても海の活性化につながり、結果海で生活する人々の暮らしも豊かにします。多様な生物が生息する豊かな生態系を守り、将来子供達が安心した環境で暮らせることにもつながっています。

 

機能的で量産的に生産する事だけで良いということではなく、自然環境、生活環境など全体へ配慮しながらのあるがままの自然に近い栽培にこだわっていきたいと考えています。

種菌原料のこだわり

kodawari010.jpg種菌のタイプにはオガ、駒、形成の3種類があります。
本物の原木栽培を行う為には、原木の産出地域だけではなく、種菌に使う原料にもこだわる必要があります。

 

genryo_kodawari01.gif

オガ・形成菌タイプの種菌については、養分の一部に輸入したものを使用しておりますが、入念な検査をして使用しております。

環境のこだわり

kodawari08.jpg地球温暖化対策として、平成23年度よりCO2削減、省エネ対策の為の設備を整えました。具体的目標はCO2削減率40%(年間約360トンのCO2削減)、年間30%のエネルギー使用量削減に取り組み、原木栽培による森林環境保全を推進するだけではなく、CSRの一環として地球規模での環境・エネルギー対策への取り組みを行っています。

製法のこだわり

菌の仕込から製品を出荷するまで、段階ごとに厳しい検査を行い品質維持に努めています。

自然に優しい栽培をモットーに私共の工場では薬品の添加は一切行わず、安全性を第一に考え、熱殺菌処理を施しています。

 

kodawari07.jpg

1.原駒の調製
厳選したブナ材を削り、乾燥してストックします。

2.仕込み
培養に先立ち、原駒を浸漬し、水分と養分を添加します。フィルター付き耐熱袋に充填し、高圧蒸気で滅菌します。
 
3.原菌の調製
保存ボトルより取り出した菌糸は、試験管次いでガラスボトルで培養し、原菌を調製します。その間、次に挙げる品質管理上の試験を行います。
 
4.品質管理試験
主として、生理生化学試験(菌糸伸長速度、木材腐朽力、耐熱性ほか各種ストレス抵抗性 等)、および、各種の方法による子実体発生テストを行います。
 
5.接 種
各種のテストで異常の無かった原菌を接種に用います。
 
6.培 養
21℃±1℃、RH=50%から60%で、種駒は35日から50日、おが種菌は30日から40日間培養します。その間、定期的に培養状態の検査を行います。
 
7.貯 蔵
培養の終了した種菌は、最終検査を行ったのち1℃から3℃で冷蔵します。
 
8.出 荷
注文を受けたら、もう一度貯蔵中の変化のないことをチェックしたのち、包装し出荷します。
 

品種のこだわり

kodawari06.jpg原木椎茸栽培用の品種を数多く育成してきました。

生産者にとっては多収が望めるもの、消費者にとっては、おいしさはもちろんのこと、生活様式の多様化に伴う健康機能性成分の追求やニーズの変化に応えるための品種の開発が期待されています。

PageTop